ニートから正社員就職を目指して面接を受ける

20代後半ニート就職

29歳 職歴なしニートでも就職できる方法

投稿日:

29歳 職歴なしニート就職

29歳 職歴なしニート 正社員就職するには

29歳 職歴なしニートから正社員就職するための就活方法をご紹介しています。
書類選考で落ちる事が多いニート歴の長さとなっている方が多いと思います。
その場合、書類選考無しで面接が受けられる就職支援サービスの活用がオススメです。

⇒ 書類選考無しで面接が受けられるニート向け就職支援サービス

で書類選考無しで面接、ニート向け就職支援サービスをご紹介しています。

29歳、職歴なしニートから正社員就職を目指したい

大学中退後ニート、既卒ニート。

正社員就職した経験がある方がニートになった、という場合もあると思います。

フリーターとニート生活を繰り返している方もいるかもしれません。

「このままニート生活、無職を続けて行くのはいずれはムリになるから、いつか正社員就職しないと・・・」

ということを、時々でも考えてきた方も多いのではないでしょうか。
親が健在で働いているからこそニートになれるんですよね。

自分が1歳年を取るのと同様に、親も1歳年を取っていきます。
改めてその当たり前のことに気付くと、急に将来が不安になって・・・という方も多いのではないでしょうか。

実際、就職することを考えたら、29歳と30歳ではとても大きな差があります。

29歳は未経験から正社員として就職を目指すためには多くのチャンスを得られる20代最後の年齢です。

30歳を超えてしまうと、未経験者歓迎の正社員求人が激減してしまいます。
そのため、29歳の間に正社員就職を成功させるために本気で就職活動をしようと思う、という方も多いと思います。

ここではニートが就職に成功するための就活方法についてご紹介をしています。

実際に多くのニート・フリーターの方が正社員就職に成功しています。

就活の仕方が分からない、自分では応募したい求人をうまく探せない、といったニートの方もぜひ活用されることをオススメします。

未経験者歓迎が多いのは29歳まで。29歳の間にニートから正社員就職になるには

未経験者歓迎の求人が多く見つかるのは29歳までです。

30歳になると、職歴なし・社会人未経験フリーター・ニートから応募しやすい(採用されやすい)正社員求人は激減します。

30歳になると教育に時間がかかる未経験者ではなく、即戦力を採用したい、という企業が増えることも大きな理由です。

未経験者採用は企業にとって、かなりの負担です。
仕事を教えることも必要ですし、全くの社会人未経験者であればビジネスマナーも手取り足取り教える必要もあります。

教える先輩社員の生産性が下がりますから、企業としても覚悟が必要だったりします。
(特に中小企業)

29歳はギリギリ、若者扱いしてもらえて未経験でも採用してもらえる年齢と言って良いでしょう。

29歳の間にニートから正社員就職するには、主に次のような就活方法があります。

ニートから正社員就職するためには、相談・サポートを受けることが大切と思います。

公的な就職支援サービス「サポステ」「ジョブカフェ」を利用して就活

サポステ

ニート向け就職支援サービスとして、

  • サポステ
  • ジョブカフェ

など公的な就職支援サービスを利用して就職相談、正社員就職を目指す方法があります。

サポステの支援対象年齢は、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者です。

ジョブカフェは原則15歳~34歳までが対象ですが、地域によって対象年齢が異なります。
39歳、44歳まで支援対象年齢が拡大されている地域もありますので、もし20代を超え30代になってからも就職活動をするといった場合には、こうした就職支援サービスの活用をお考えになってみてください。

求人サイトで未経験者歓迎の求人を探す

求人サイトには非常にたくさんの正社員求人が掲載されています。

その中には多数の未経験者歓迎の求人がありますので、29歳まで応募可能な求人を探して自分で応募することが出来ます。

ただし、自分で正社員求人を探して応募することのハードルが高いニートの方も多いと思います。

また実際問題としてニート歴があると、求人サイトを利用して応募する就活をした場合、書類選考で落ちることが非常に多いため、なかなか面接に辿り着くことが出来ません。

就職活動に苦戦している間に30歳を迎えてしまう、といったことは避けたいですよね?

求人サイトには自分の好きな求人を探して応募出来るというメリットがありますが、20代後半ニートの方向き、とは言えない就活方法です。

20代であれば利用出来るニート向け就職支援サービスを使って就活

ニートから脱出して正社員就職を目指す場合、相談・サポートを利用することが大切です。

「自分の力で就職活動をして内定獲得を目指そう!」

と思っても、実際には難しいです。
ニート歴が長いと、基本的にはどの会社も書類選考で落ちてしまいます。

20代後半、29歳といった年齢のニートの方が正社員就職を目指す場合、最も成功率が高いのは民間の就職支援を利用した就活方法といえるでしょう。

こうしたニート向け就職支援サービスが扱っている求人は、ニートOKのものが多く、応募しやすいのです。

またこれまでにも多くのニート・フリーターといった、職歴なし・社会人未経験の人達を内定獲得、就職成功まで導いた実績医も豊富ですから、就活成功のノウハウがあります。

また、企業とのパイプも就職エージェントとして多数持っていますから、個人がニートから正社員就職を目指すために有利なポイントがとても多いといえます。

就職支援サービスを利用してニートが就活をする場合、次のようなメリットがあります。

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介(ホワイト企業、優良企業多数)
  • 求人票以上に詳しい企業情報の提供
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 自己PRの作成アドバイス
  • 志望動機の作成アドバイス
  • 面接対策
  • 面接日の日程調整
  • 入社前準備のサポート
  • 不採用時の理由フィードバック

など、こうして見ても就職支援サービスの内容は手厚いと言えます。

就職に関しての相談であればなんでも出来ますし、一人で就活をするよりも内定獲得が高いのも納得できるのではないでしょうか。

もちろんこうした就職支援サービスをするにしても、向き・不向きがありますし、もっと少しずつ社会復帰する準備をしたい、というニートの方もいると思います。

アルバイトから始めたい、就労体験を先にしてみたい、などもあると思います。

一人ひとりに合わせた就活方法、社会復帰のステップを進める事が大切といえますよね。

ニート脱出のために就活をスタートしたい方は、こうした就職のために手厚いサポートを受けることが出来る就職支援サービスをぜひ活用されることをオススメします。

オススメの向け就職支援サービスは?

20代向け正社員就職支援サービス、ニート向け就職支援もいろいろと今はあります。

その中でも特におすすめしているニート向け就職支援サービスをご紹介します。

書類選考無しで面接が受けられるニート向け就職支援サービス

ニート向け就職支援サイトの中には、

書類選考無しで面接が受けられる

ところもあります。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

の3つの就職支援サイトがそうなのですが、こうした書類選考無しで面接が受けられるメリットは大きいです。

書類選考で落ちる心配をせずに面接対策に力を入れることが出来ます。

ニート脱出のチャンスが多いのは20代です。
30代、40代ニートになると就職するのはどんどん難しくなっていきます。

将来の自分の生活に不安を感じる方も多いと思います。

40代、50代ニートになると本当に人生詰んでしまう可能性が高くなってしまいますから、少しでも就職しやすい29歳の間にこうした就職支援サービスを活用してみてください。

就職相談をしたり、具体的に求人を紹介してもらうことで今までのニート生活を抜けだす一歩を踏み出す事ができるのではないでしょうか。

ニート歴5年、6年といった長い方も、こうした就職支援サービスを活用して正社員就職に成功した人は多数いらっしゃいます。

-20代後半ニート就職

Copyright© 既卒 職歴なしニート 就職おすすめサイト , 2019 All Rights Reserved.